トップページ

サービス内容

事務所案内

お問い合わせフォーム

 

前川万(よろず)税理士事務所

〒1310046
東京都墨田区京島3-9-18ライオンズマンション曳舟205

TEL: 03-5631-9105
FAX: 03-5631-9106
URL: http://www.yorozu-tax.com
E-mail: yorozu@maekawa-tax.com

当事務所は税理士4名、職員9名。提携している弁護士、司法書士もそうですが、みんな30代。バリバリ働きます。

ホーム > 今月の本 > 『千年、働いてきました』著者野村進

『千年、働いてきました』著者野村進

『今月の一冊』

どうも、前川(弟)です。今月も本を読むことができました。

今月は『千年、働いてきました』:野村進(著)です。

皆さん、世界最古の会社ってどこにあるか、ご存知ですか?と言われれば答えは分かると思いますが、そうです日本にあるそうです。

江戸時代?安土桃山?鎌倉?・・もっと前の飛鳥時代、西暦578年。大阪の金剛組という建築会社で難波の四天王寺を建築したのが仕事始めだそうです。もちろん今もその会社は続いています。ビックリですよね。他にも創業1300年の北陸の旅館、1200年の京都の和菓子屋、1100年の京都の仏具店、1000年の薬局など、気が遠くなりそうです。

身近なところでいうと、携帯電話には創業100年を超える老舗と呼ばれるさまざまな会社の知恵が詰め込まれているそうです。例えば、携帯の折り曲げ部分、漏れる電磁波を防ぐ塗料は京都にある創業300年を超える金箔屋さんの技術が活用されています。携帯のバイブは創業百数十年の東京の両替商をしていた会社です。他にも液晶画面や発振器も老舗企業の開発によるものだそうです。すごいですよね~最先端の携帯電話にこのような老舗企業が関わっているなんて。。。

そのなかの会社で1社だけ紹介させてください。

携帯のバイブに使われている小さなブラシを開発している会社『田中金属工業』という会社です。私よりご存知なお客様もいらっしゃるので恐縮なのですが・・。

うちの娘もつぶやいてたTVのCM「純金積み立てコツコツ♪」の会社です。この会社も創業120年を超える東京日本橋の両替商でした。質屋もやっており、金のかんざしの質流れを溶かし、金地金にして売っていたりしたそうです。現在はこのように貴金属の売り買いを一本の柱とすると、もう一本の柱が貴金属を加工して新たな製品を作ることになります。貴金属の特性、加工の技術を研究し続けてきました。その研究の成果がウオークマンや携帯電話に詰め込まれているのです。

今は確かに不景気です。老舗企業はこのような景気の浮き沈みを何回経験したのだろう?とふと思いました。戦争もあれば、資源も変わったり・・・。

そのような状況の変化に老舗企業は耐えてきました。

ある老舗企業の社長は自分のコア・ミッションから離れないことが大切だと言っていました。自分の使命を明確にし、その使命に対して努力することが大切だということです。

今回紹介した老舗企業は自分の職人としての技術をとことん研究し努力してきた会社です。時代が変わっても、景気が変わっても存続してきた会社です。

私も自分の仕事を大切にし、努力していこうと思います。景気が悪いのも事実ですが、それを理由にしてしまうと老舗企業の方々に笑われてしまうような・・・。

皆さん、一緒にがんばりましょう~!!!

2009年12月01日 (火) - 19:17:44