トップページ

サービス内容

事務所案内

お問い合わせフォーム

 

前川万(よろず)税理士事務所

〒1310046
東京都墨田区京島3-9-18ライオンズマンション曳舟205

TEL: 03-5631-9105
FAX: 03-5631-9106
URL: http://www.yorozu-tax.com
E-mail: yorozu@maekawa-tax.com

当事務所は税理士4名、職員9名。提携している弁護士、司法書士もそうですが、みんな30代。バリバリ働きます。

ホーム > 今月の本 > 『「ありがとう」と言われる商い』:著者小阪裕司

『「ありがとう」と言われる商い』:著者小阪裕司

『今月の一冊』

どうも、前川(弟)です。何か変な天気が続きますが、皆さん、体調を崩してませんか?ウチでは飼ってる柴犬が今朝4時から鳴きはじめ、近所迷惑になるということで私は5時から散歩で・・寝不足です。犬もこの寝苦しい天気でストレスが溜まっているのかもしれないですね。皆さんも体調崩さないよう気を付けてください。

 今月ご紹介する本は『「ありがとう」と言われる商い』:著者小阪裕司です。サブタイトルは『価値を生み出し繁盛するワクワク系商人の道』とあります。もうひとつ、『世の中には本当に楽しんで儲けることのできる方法があります』とありました。そうです、この新聞のタイトル『We enjoy woks』です。このサブタイトルですぐに購入してしまいました。もちろん、内容も面白かったです。ワクワク系マーケティング実践術の方法と具体例が紹介されていました。

例えば、実践術の具体的な考え方

①    動機づけ・・・お客さんの「買いたい!」のスイッチを押す

②    絆づくり・・・人間関係を育み、顧客コミュニティを作る

③    仕組みづくり・・・一つ一つの活動のつながりを作る

マーケティングと聞くと、どうしても中心は小売業やサービス業など直接お客様と商売をする業種に偏ってしまいます。この本でも中心は小売業等です。「だったら、ウチとは関係ないな~」と思ってしまったら、そこで終わってしまいます。皆さんの事業に当てはめてみてください。今、世の中景気が悪い・・・その通りです。が、「なぜお客さんが減ったのか?」、「お客さんを買いたいという気持ちにさせられているか?」というところをご自分の会社でゆっくり考えてみてはいかがでしょうか?

 ある福岡のレストランでは店頭でワインを売っているそうですが、ある日そのワインの売上が前月比で倍になったそうです。そのワインは普通のワインです。ではなぜ?ですよね。その答えは簡単なPOPを付けただけでした。それも『お待たせしました!やっと入荷しました。』というPOPです。これだけで倍です。もうひとつ、ある食料品店のソースに付けられているPOPです。『91歳になるうちのおばあちゃんが毎日キャベツにかけて食べてます!』というPOPで売れ筋商品になったそうです。これらのPOPは『①動機づけ』ですよね。ちょっと楽しくなってきませんか?こんな仕掛けをしたら、お客様が動いてくれた!って感じで。

大型店舗等がどの地域にも分野にも進出してきています。価格や商品の種類ではかないません。同じ土俵で戦わないように、何か策を考えないといけないですよね。

ある寝具店のことが書かれていました。お客さんに『あなたは今日、枕を買いに来たんじゃないですよ。』お客さんがキョトンとすると『あなたは今日ぐっすり眠れて、いい目覚めをし、気持ちのいい一日を送る、そういう日々を買いに来たんです』と言うそうです。どうですか?同じ土俵で戦わないように自分の土俵にお客さんに入ってもらっていますよね。大型店に価格では勝てるわけもなく、しかしお客様に対して枕についてどれだけ語れるか?については自信満々って感じですよね。

2010年07月01日 (木) - 14:59:18