トップページ

サービス内容

事務所案内

お問い合わせフォーム

 

前川万(よろず)税理士事務所

〒1310046
東京都墨田区京島3-9-18ライオンズマンション曳舟205

TEL: 03-5631-9105
FAX: 03-5631-9106
URL: http://www.yorozu-tax.com
E-mail: yorozu@maekawa-tax.com

当事務所は税理士4名、職員9名。提携している弁護士、司法書士もそうですが、みんな30代。バリバリ働きます。

ホーム > 今月の本 > 『問題解決のためのファンクショナルアプローチ入門』:著者横田尚哉

『問題解決のためのファンクショナルアプローチ入門』:著者横田尚哉

『今月の一冊』

どうも、前川(弟)です。『暑いッスね~』・・先月もこの挨拶からでした。土曜日には私の実家の郡上市で39.1度だったみたいですね。全国放送のニュースでやってました。私が子供の頃は25度を超えるのもあまりなかったような。こんなに暑くなって、ホントに地球は大丈夫なのでしょうか?2012年の人類滅亡説が映画で騒がれ・・無理やりこの温暖化と結びつけたりして、『再来年には人類は滅亡するんだから、5年後の計画なんてたてるのはやめよう~っと!』って言ってる方いらっしゃいませんか?皆さん、ノストラダムスで1999年に踊らされたのは覚えてますよね(笑)私も小さい頃からノストラダムスをちょっと信じてたので1999年までに好きな事をやっとかないと損だ~なんて思ってましたが、そうです・・ちゃんと地球は続いてます。今回の2012年だっておそらく大丈夫でしょう。皆さん、しっかりと5年後、10年後に向けて計画をたて、勉強していきましょう!

 今回ご紹介する本は『問題解決のためのファンクショナルアプローチ入門』:著者横田尚哉 です。

『あなたの思考は、良い仕事をしてますか?』企業に社員がいるように、あなたの中にも「思考」という社員がいます。あなたは企業が社員を教育するように、自分の思考を教育していますか?あなたは企業が社員をリストラするように、自分の思考をリストラしていますか?・・・この本の冒頭の文章です。

伸びていく企業は、つねに優秀な社員を取り入れ教育し、好ましくない社員が現れれば、更生しそれでも無理な場合は出て行ってもらいます。これは伸びていく人は、つねに優秀な思考を・・・と置き換えることができます。企業も人も「もう十分・・」ということは無いのだと、言うことです。ずっと勉強していかなくては、5年後、10年後の為に。

このファンクショナルアプローチとは、基本は『これは、誰のためなのだろうか?』『これは何のためなのだろうか?』と考えることから始めるそうです。この本では企業の業績を増やす方法が直接書いてあるわけではありません。思考方法の練習のため、いろいろな事例が紹介されています。

最初の事例を紹介では、点字ブロックが紹介されていました。点字ブロックはもちろん視覚障害の方の為なのですが、マンホールの手前で無理やり曲がっている点字ブロックや、ジグザグの点字ブロック、極度に緊張感を与える点字ブロックなどいくつか写真で紹介され、本当に視覚障害の方のことを考えてるのか?というような点字ブロックがいくつもあることに驚きました。点字ブロックは視覚障害者のためにあるのではなく、施工業者のためにあることになってしまっているのです。

皆さんの商品、サービスはいかがでしょうか?そこには必ず使用者・・お客様がいらっしゃいます。『誰のため?』『何のため?』という思考を練習してみてください。

世の中にあるものは必ず『誰のため?』『何のため?』があります。街に出ていろいろなものを見ながら練習するのもいいかもしれません。

2010年09月01日 (水) - 15:01:39