トップページ

サービス内容

事務所案内

お問い合わせフォーム

 

前川万(よろず)税理士事務所

〒1310046
東京都墨田区京島3-9-18ライオンズマンション曳舟205

TEL: 03-5631-9105
FAX: 03-5631-9106
URL: http://www.yorozu-tax.com
E-mail: yorozu@maekawa-tax.com

当事務所は税理士4名、職員9名。提携している弁護士、司法書士もそうですが、みんな30代。バリバリ働きます。

ホーム > 今月の本 > 『白線流しを知ってますか?』

『白線流しを知ってますか?』

『今月の一冊』

どうも、前川(弟)です。3月ですね。そうです、私たちにとっては一番の繁忙期になってきました。3月15日までいろいろとご迷惑をお掛けするかもしれませんが、ご協力を宜しくお願い致します。

今回ご紹介する本は『白線流しを知ってますか?』という本です。

皆さん、白線流しっていうドラマ、覚えてますか?15年前にTOKIOの長瀬が主役のドラマです。長野県の松本市の高校生の青春ドラマなんですけど、主題歌はスピッツの『空も飛べるはず』で・・覚えてます?あれって本当は岐阜の飛騨高山にある斐太高校って高校がモデルなんですよね。白線流しとは卒業式の日に男子学生の学帽の白線と女子学生のセーラー服のスカーフを結び、別離の歌というのを歌いながら学校の前の川にみんなで流すという斐太高校の卒業式の伝統行事なんです。同じ岐阜なのに私は知りませんでした。私が大学2年の時に深夜ぼ~っとTVを見てたら、この斐太高校の白線流しのドキュメンタリー番組がやってました。この番組はこれから受験、卒業を迎える高校3年生の1年間を追っていくドキュメンタリー番組でした。私達田舎者にとって高校を卒業するということは、東京の方はピンと来ないかもしれないのですが、親元を離れるということ、今までの友達と離れるということ、全く知らない場所で暮らすということ、けど新しい街での生活が楽しみだな~とか都会には負けへんで~とか、不安や期待が自分の頭の中を交互に・・・。そんな高校3年生をTVで見てたら、上京して2年の私は恥ずかしいことに泣きながらTVを見てました。あの高校3年生の時の不安な気持ちって何だったんだろうな~って。そして、その4年後『白線流し~4年後の早春賦』という番組であの高校3年生の4年後を追うドキュメンタリー番組がまた深夜、放送されました。高山に戻って大工をしている子、下呂温泉の旅館を継ぐため観光の専門学校に行く子、高校3年の時に彼女を事故で亡くしその影響で自衛隊に入った子、上京して東京の新宿区役所で頑張って働いている子・・・それぞれがいろいろな道で頑張ってました。頑張っているその子達を見て、本当にうれしかったです。私はこの番組が放送された時、税理士資格をとるためにバイトをしながら専門学校に通ってました。この番組を見て『よ~し、オレも頑張るぞ~!』って、今の自分があるのはこの番組のおかげだと思ってます。大切なこの番組はビデオで録画し永久保存版として保管してあります。ただ今は肝心なそのビデオデッキがありませんけど(笑)

 長~くなりましたが、この時期になるといつもこの番組を思い出すのです。それでインターネットを調べてたら、ドキュメンタリー番組のプロデューサーが本を出してました。それをアマゾンで購入し読んでたら、上京してから21年が経ったいいオッサンですがあの時と同じ気持ちになりました。初心にかえり『頑張ったるで~!』って。

古い本なので本屋さんには売ってないと思いますが、インターネットでしたら大丈夫です。

皆さんも高校3年生に戻ってみませんか?

2011年03月01日 (火) - 15:35:05