トップページ

サービス内容

事務所案内

お問い合わせフォーム

 

前川万(よろず)税理士事務所

〒131-0032
東京都墨田区東向島4-1-6 メープルトヨタ801

TEL: 03-5631-9105
FAX: 03-5631-9106
URL: http://www.yorozu-tax.com
E-mail: info@yorozu-tax.com

当事務所は税理士4名、職員9名。提携している弁護士、司法書士もそうですが、みんな30代。バリバリ働きます。

ホーム > 今月の本 > 『日本一心を揺るがす新聞の社説2』と『日本一心を揺るがす新聞の社説』

『日本一心を揺るがす新聞の社説2』と『日本一心を揺るがす新聞の社説』

『今月の一冊』

こんにちは前川(弟)です。こんな時期に台風が来て・・実は延び延びになってた娘の運動会が今日ありました。今でも運動会ってのはワクワクしますね。娘は頑張って頑張ってのビリでしたけど・・楽しい運動会でした。楽しいが一番ですもんね。

今回も楽しい本に出会いました。『日本一心を揺るがす新聞の社説2』と『日本一心を揺るがす新聞の社説』です。順番が違うでしょ?って思った方、そうです、その通りです。最初に新刊の『2』を買ったら、あまりにも面白くて次の日には『1』を探しに行ってました。そのくらいインパクトがありました。早く紹介したくてたまらなかったです(笑) 

この本は著者である水谷さんという方が20年前に経営権を譲り受け始めたミニコミ紙がバックボーンとなっています。この新聞は事件・事故、政治経済など暗いニュースは一切出てきません。心に染みるいい話だけを載せている新聞です。例えば・・・

『・・・亡くなったお婆さんの周りには村の長老と子供たちがいました。祈りを捧げた後、長老が、このお婆さんが生前どんな素晴らしいことをしたか、子供たちに語るんですね。子供たちはそれを聞きながら泣いています。これが葬式ってもんじゃないかなぁと思いました』(作家藤本義一さんの言葉)

『子供は親の思い通りには絶対に育たないんです。だからこそ子供は可能性を持っているんです』(大阪教育大学の秋葉教授)

『おふくろは宇宙人だと思えばいい。宇宙人は地球人の卒業生です。天から選ばれた人だけがなれるんです。夜中に徘徊するのは宇宙遊泳なんです。私たちに何か大切なことを教える為に舞い戻ってきたんですね。そう考えられるようになったら、これまでのおふくろの奇妙な行動が全部納得できました。』(認知症のお母さんを介護してこられた歌手・橋幸夫さんの言葉)

いかがでしょうか?これは冒頭の「はじめに」で紹介された社説の一部です。私は電車で本を読むことが多いのですが、思わず感動して涙が出そうになったり、面白い話で吹き出しそうになってしまったり・・本当に楽しい本でした。で・・・思わず①②と二冊購入。

もう一つ、気づいたことがあります。去年の10月号でご紹介した『私が一番受けたいココロの授業』の著者:比田井先生はご友人だそうです。比田井先生のご紹介で今回の本も出版されたとのことでした。他にも私が読んだことのある本、印象に残っているTVのことがいくつかこの本で紹介されていました。何を言いたいか?って言うとAmazonなどのネットで購入する際に「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という戦略はやっぱり有効なんだな~っていうことです。そうです、マーケティングっていうヤツです。私はこういう趣味趣向がある人なんでしょ!っていう枠組みにしっかりと当てはまっているんですね。自分でも他にどんな枠組みに入っているのか?わかりませんが、上手にやられていることでしょう(笑)

ちなみに今、私はみやざき中央新聞を購読してます。週一回の新聞です。もし良かったら皆さんもぜひ。

2011年06月01日 (水) - 15:38:23