トップページ

サービス内容

事務所案内

お問い合わせフォーム

 

前川万(よろず)税理士事務所

〒131-0032
東京都墨田区東向島4-1-6 メープルトヨタ801

TEL: 03-5631-9105
FAX: 03-5631-9106
URL: http://www.yorozu-tax.com
E-mail: info@yorozu-tax.com

当事務所は税理士4名、職員9名。提携している弁護士、司法書士もそうですが、みんな30代。バリバリ働きます。

ホーム > 今月の本 > 『自分のアタマで考えよう』 著者:ちきりん

『自分のアタマで考えよう』 著者:ちきりん

こんにちは前川(弟)です。
やっと春らしくなってきましたね。近所の梅も花が咲き始めました。
カミさんの実家の種子島ではもう桜が満開らしいです。日本には四季があります。有難いことです。『春』を体中に感じたいと思います。もし私がぼ~っとしてたら、『春』を感じてるんだろうな~とお許しください(笑)

最近、車で通勤するときにラジオを聴くようになりました。昔Naviがないときはラジオばかり聞いてたのですが、久しぶりに聞くとやっぱり良いです。
先日、文化放送のくにまるジャパンという番組で、ジャーナリストの二木さんが震災の瓦礫処理の話をしてました。『私は瓦礫処理を他県にお願いするのは反対です!』と。内容は・・・瓦礫の量は阪神大震災の時とほとんど変わらない。阪神大震災の時は地元だけで速やかに処理したそうです。今回も地元の市町村は瓦礫処理をやらせてほしいと言っているそうです。再開発の材料として、またその処理には雇用が生まれるはずですから。それを国がストップをかけているのだとおっしゃってました。予算を使って遠くに瓦礫を持っていき、また再開発の材料を遠くから持ってくる。これでいいのか??おかしいでしょ??と。
私は全く知りませんでした。TVでは全く処理が進まない瓦礫と野田首相が『絆』を連呼している姿。私達に届く情報は限られています。何が正しいのか?は置いといて、その情報が本当のところどうなんだろう?と自分のアタマで考えることはとても大切なんだということを実感しました。

そこで今回ご紹介する本は『自分のアタマで考えよう』著者:ちきりん です。
すみません、前フリが長かったですね。この本は名前の通り、自分のアタマで考える方法を教えてくれます。「教えてくれるってそんな難しいことなの?」って思われた方もいらっしゃると思います。結構難しいんですよ。知識が邪魔をしちゃうんです。目の前の情報から自分のアタマで考えることができるか・・・。知識とは過去の事実の積み重ねであり、他の人がその人のアタマで考えた結果です。その知識が邪魔しちゃうんです。
この本では、少子高齢化についての例題がありました。少子高齢化については、何となくTVや新聞などで問題なのは知識としてあるはずです。そこで、『なぜ?』『だから何なの?』と自分に問うてくださいとありました。私の知識としては、みんな昔に比べると結婚する人が減ったり、子供の数も減ってるよな~くらいでした。そして年金などの社会保障とかが続かなくなるんだろうな~と。だから出生数を増やす努力をしないといけない、その為の政策が必要なのでは、という感じです。
この本を読むとわかるんですが、これも実際は考えてないも同然でした。TVなどの目の前の知識を整理しただけ。全然考えてないんです。
皆さんもこの本を読んで、自分のアタマで考えることを練習してみてください。今までと違う発想がでてくると思いますよ。

2012年04月01日 (日) - 09:25:30