トップページ

サービス内容

事務所案内

お問い合わせフォーム

 

前川万(よろず)税理士事務所

〒131-0032
東京都墨田区東向島4-1-6 メープルトヨタ801

TEL: 03-5631-9105
FAX: 03-5631-9106
URL: http://www.yorozu-tax.com
E-mail: info@yorozu-tax.com

当事務所は税理士4名、職員9名。提携している弁護士、司法書士もそうですが、みんな30代。バリバリ働きます。

ホーム > 今月の本 > 『社長が若手を育てる会社』日経ビジネス

『社長が若手を育てる会社』日経ビジネス

どうも、前川(弟)です。今回は一冊というより、雑誌に掲載されていた記事をご紹介します。
日経ビジネスという雑誌に掲載されていた「社長が若手を育てる会社」という記事です。
静岡県三島市にある南富士産業という屋根・外壁工事・建設業の会社で、社員のやる気を引き出す独自の制度が充実した会社でした。

10の制度が載っていましたが、その中のいくつかをご紹介します。

1.    Yes,But法
すべての提案を上司が一旦Yesで受け入れる。ただしButがつく。部下の提案を真剣にトップが聞き入れなければ、本気の提案は生まれないとの考えから導入されたとのこと。
→これは会計事務所に勤め始めた時にベテランのおじいちゃんのような大先輩に指導を受けました。もちろん新人なので立場は逆です。所長の指示が「おかしいな?」と思っても、一旦Yesで受け入れること、ゆっくり考えた後にそれでも「違うな!」という時は話し方を考え意見する。ということでした。これはコミュニケーションのルールではと思います。上司でも部下でも頭ごなしにNo!というのは・・・。

2. 「朝デニ」「夜デニ」
悩みを抱える社員に対し、社長が出社前や退社後の時間に社員を呼び出し、会社の近くにあるデニーズで話を聞く制度。
→会社の会議室でないのは、教育は人目につかず、フランクに話せる場所が良いとの考えからのようです。私はこの制度に賛成です。ただ違った意見の方もいらっしゃると思います。わざとみんなの前で教育したり、大きな声を出させたりという方法もあります。経営者の好みになりますが、私は部下の時はこっちの方が良かったな~と思ってしまったので、こっちを選んでしまいます。

3.    社長の時間独占券
良い気づきをした社員などに社長が配るカード。このカードをもらった社員は、社長を一時
間独占して話ができる。
→なるほど!と思いました。もちろんこの制度は社長が社員から尊敬されていないと
ちょっと・・という感じはしますが。ただ社員の方は社長や上司に「見てもらいたい」「認めてもらいたい」というキモチはあるはずです。社員のキモチは給与等の処遇だけではないと思います。

その他にも「Welcome提案制度」「読書のすすめ」「社長のかばん持ち1年間」「タイムカードなし」「ホームラン賞、ヒット賞」「土曜塾」「誕生日休暇」という制度がありました。
この社長は「会社の成長の為に社員を使うのではなく、社員の成長が会社を育てる仕組みを作ること」と言っています。
なるほど~と感心させられました。

2009年06月01日 (月) - 21:24:38