トップページ

サービス内容

事務所案内

お問い合わせフォーム

 

前川万(よろず)税理士事務所

〒1310046
東京都墨田区京島3-9-18ライオンズマンション曳舟205

TEL: 03-5631-9105
FAX: 03-5631-9106
URL: http://www.yorozu-tax.com
E-mail: yorozu@maekawa-tax.com

当事務所は税理士4名、職員9名。提携している弁護士、司法書士もそうですが、みんな30代。バリバリ働きます。

ホーム > 何でもQ&A > 購入時にポイントを発行する場合の会計処理は?

購入時にポイントを発行する場合の会計処理は?

  Q.販売促進のため、売上価格に応じたポイント制を導入しようと考えています。どのように処理したら良いでしょうか?

A. 一般的に、ポイントの発行時点では、損益の認識は必要とされていません。 ポイント制によって、ポイントが蓄積されても、すべての顧客が金品と引換えできるわけではなく、ポイントカードを紛失したり、一定の期間内に目標のポイ ント数に達しなかったりして、使用されることなく、無効となってしまうことがあります。顧客がポイントを使って商品と引き換えた時点で、売上値引または販売費として計上するという会計処理が一般的です。  税務上の取扱いは、会計と同様であり、販売時点では、ポイント制の採用による損益の認識は必要とされず、引き換えた時点で損益を認識します。また、消費税については、ポイント制による割引後の課税売上高によることになります。

2010年10月01日 (金) - 17:02:13