トップページ

サービス内容

事務所案内

お問い合わせフォーム

 

前川万(よろず)税理士事務所

〒131-0032
東京都墨田区東向島4-1-6 メープルトヨタ801

TEL: 03-5631-9105
FAX: 03-5631-9106
URL: http://www.yorozu-tax.com
E-mail: info@yorozu-tax.com

当事務所は税理士4名、職員9名。提携している弁護士、司法書士もそうですが、みんな30代。バリバリ働きます。

ホーム > 何でもQ&A > 固定資産の除却は認められますか?

固定資産の除却は認められますか?

Q.固定資産の除却は認められますか?

A.減価償却資産については、いろいろな特例があったり、償却する方法が選べたりと処理に戸惑うことが多々あります。
このような減価償却資産のうち、不要なものについては極力期中で処分してしまった方が減価償却費を算出する経理の手間も省けますし、節税にもつながります。
もともと使用していない設備などについては、そのまま所有しておくよりも、処分して帳簿からその金額を落とすようにしたほうが良いでしょう。

法人税法上では、まだ処分していない資産についても、ある一定の要件を満たしていると損金としての計上を認めているケースがあります。
 ①現在使用しておらず、今後事業に使う可能性がないと認められるもの
 ②特定の製品生産のための金型で、その製造を中止したため将来も使用す      
   る見込みがないこと

この二つの要件を満たしていると、固定資産がまだ会社に存在していたとしても、将来的に処分することが明らかなので、その帳簿価格を損金として計上することができるのです。

2012年04月01日 (日) - 09:36:12